0からわかる「単身引越し」マニュアル

引越し業者を安く使うテクニック
引越し業者をできるだけ安くしたい!
コストを出来るだけ安くする、私の知っているテクニックをお教えします。どの業者でもある程度通用するテクニックですので、是非参考としてください。

1、引越し時間を、「午後からの時間指定なし」と選択する

これは、午前中の引越しのお客様の作業が終わった後に、自分のところへ来てもらう予約です。

午前中の引越しがあるので、時間は細かく指定することができませんが、引越し料金はとても安く見積もりを出してもらうことが可能です。
大体3割ほどまで、安くしてもらえる可能性があります。私の一番の割引記録は、なんと通常の6割引きでした。

ここまで安くしてもらうには、以下のテクニックを併用する必要があります。

2、引越し時期の調整をする

3月や年末年始などの繁忙期は、料金設定が通常の1.5倍から3倍程度になります。
繁忙期が終わった頃、引越しは一気に沈静化します。具体的には1〜2月と5月。この引越し業界がヒマな時期は、多少見積もり額を安くしてでも落としてでも契約を取ろうとする業者が多いです。

また、引越し日の調整も大切です
月末や土日祝日、また大安の日には引越しが増えるとされています。
こちらも逆に、仏滅や週明けの月曜日などを狙うとよいでしょう。

3月から4月にかけての繁忙期に引越す場合、単身者用で必要最小限の荷物だけ送っておき、閑散期に残りを普通の引越で行うとトータルで安く済む場合があります。

3、単身者用サービスを使う

実は一番確実な、引越しを安くさせる方法です。
単身者には単身者専用サービスがあり、これは荷物の量が限定されるものの、料金はとても安いのです。
私が使ったことがあるのは、ヤマト宅急便の「単身引越サービス」です。
東京から関西に引っ越すのに、3万円程度。これは通常の引越し料金より数千円、場合によっては1万円以上安くなっています。

現時刻での引越最安値を調べたい方は、無料で100社以上の業者を比較でき、手続きも1分と早くて簡単なサービスが人気です。しつこいメールとかは絶対来ないので安心です♪

今、引越一括見積りで評判の高いサイトはこちらです。

第1位
140社以上の業者登録
手続き簡単!引越価格ガイド

引越が最大50%オフ

第2位
大手HOME'Sの引越専門見積もりサービスHOME'S

引越し 見積もり

どちらも無料で速いので、一度は無料見積りでご自分の場合を比較してもらうといいかもしれませんね。

0からわかる「単身引越し」マニュアルTOPに戻る
(C)0からわかる「単身引越し」マニュアル
エステナードソニック/利尻ヘアカラー/
携帯アクセス解析
'; print '携帯アクセス解析'; print ''; ?>